肌に優しいノンケミカル

話題のノンケミカル

女性にとって、美の追求は尽きないもの。

美への追求でコスメは、切っても切れないとても重要なアイテムです。

基礎化粧品や日焼け止めなど、大切な肌のコンディションを整えたり、外的刺激から守る機能をもつコスメ商品は、ここ20~30年で劇的な進化を遂げてきました。

その過程において、重要視されてきたのは「効果」。

いかに効果の高い商品を提供するか?ということに、各メーカーは力を注いできたのです。

日焼け止めであれば、どれだけUVをカットできるか?

化粧水であれば、いかに美しい下地を作り、肌の調子を整え、化粧のノリをよくできるか?

それぞれの商品において役割を追求した結果、さまざまな製法や技術が開発され、進化を遂げてきました。

またその過程の中で、「付加価値」を追求する商品も新しく誕生しました。

本来の目的以上の機能や効果を商品に付加するというものです。

例えば、日焼け止めは、紫外線から肌を守る効果だけではなく、肌に浸透しやすく、ひんやりとした付け心地の良さも重視するなど。

よりいっそう、商品価値を高めるという目的で強化された商品がたくさん登場しています。

もちろん、付加価値はサービスにおける基本でもあり、それは決して悪いことではありません。

しかし、そのメリットばかりがクローズアップされ、それによるデメリットが聞こえてこない状況が長く続いてきたことが気になります。

そのデメリットとは、化学合成物質の濫造や濫用です。

商品に何らかの効果を付随する場合、当然、その効果を期待されるレベルまで引き出すための成分が必要です。

もしそこに、自然の成分を使用すると、それだけコストに跳ね返ってきます。

結局、コストがかからず、効果も大きい化学合成物質を使わざるをえない状況になってしまいます。それによる弊害も出てくるでしょう。

こういった流れに歯止めを利かせる動きが「脱ケミカル、ノンケミカル」です。

ノンケミカル化粧品、ノンケミカルコスメとは、化学合成物質や添加物といったものを取り除いた商品です。

肌への刺激が心配される成分は配合されていないので安心ですね。

ケミカルからノンケミカルへ

化学合成物質を一切使わずに化粧品を作ることはできませんし、むしろ必須の成分でした。

化学合成物質を使用することで、化粧品の価格を抑え、品質を維持するという点でとても優れていると言えるでしょう。

ただ、これらの添加物は「体に悪い」という認識が一般的ですね。

実際に、食品添加物なども、そういった理由で敬遠する人は多く見受けられます。

まず、これらの点に関して「誤解」を解いておきましょう。

化学合成物質、すなわちケミカル自体が悪いのか? 危険なのか?
というと、そうではありません。

例えば、化粧品に使用する場合、石油系合成界面活性剤や環境ホルモンの疑いがある物質、発ガン性の疑いがある物質など、避けた方がよい化学物質はありますが、高品質で安定した成分ができる化学物質は、化粧品作りには欠かせないものでしょう。

とはいえ確かに、近年はこのケミカルに頼りすぎてしまう傾向が強くなっていました。

化粧品本来の役割以外の部分に効果を求めるあまり、その結果ケミカルに依存し、ケミカル色が強くなってしまったのです。

そこで新たに生まれた発想が「ノンケミカル」です。

では、ノンケミカルを知るために、まずケミカルについて学んでいきましょう。

ノンケミカルのなにが良いの?

ケミカルとノンケミカルを比べてみる

日焼け止めもノンケミカルが良い

肌に安心なノンケミカル日焼け止め

ノンケミカル日焼け止めを選ぶポイント

ノンケミカル商品の選ぶポイント